"段差"ひとつの危険も取り除く。"安心"して日常の生活を営むために。

「今まで何ともなかった段差につまづく」
「毎日行き来していた部屋の移動が億劫になる」
「二階の寝室に上がる階段がきつい」

年齢を重ねると共に、住み慣れた住環境であっても、
日常の生活にストレスを与えることがあります。
住み慣れた愛着のある家だからこそ年齢に合わせた
改修を行い、住みやすい環境に整備することは
介護の一環として重要な意味を持っています。

自宅に手すりを付ける、段差を解消するなどの
小規模な改修を行ったときは介護保険の対象となります。
当社では保険制度の活用も含めてサポートいたします。
ぜひ一度お気軽にお問い合わせ下さい。

介護保険における住宅改修

住宅改修の種類

(1)手すりの取付け
(2)段差の解消
(3)滑り防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
(4)引き戸等への扉の取替え
(5)洋式便器等への便器の取替え
(6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

支給限度基準額について

支給限度基準額20万円

要支援、要介護区分にかかわらず定額
ひとり生涯20万円までの支給限度基準額ですが、要介護状態区分が重くなった場合(3段階上昇時)、
また、転居した場合は再度20万円までの支給限度基準額が設定される。

施工事例

クリックすると詳細がご覧いただけます