お問い合わせ

ブログ
BLOG

認知症についての研修に参加しました

お知らせ2022.07.11

先日、京都高齢者あんしんサポート企業の研修に参加しました。

テーマは”認知症

今回は研修の内容を少しご紹介します!

 

まず認知症とは、「老化による物忘れ」とは違うということ。

体験全体を忘れたり、ヒントがあっても思い出せなかったり、人や場所、時間を正しく認識しにくくなるのが認知症です。

記憶の一部が抜け落ちてしまうため、日常生活に大きな支障をきたすことがあります。

 

認知症には種類があり、おもな症状も違います。

(京都府発行「心でつなぐ 地域でつつむ認知症」)

認知症の人は以前と比べて忘れっぽくなっていることや、以前の自分とは違ってきていることに、不安や恐怖、混乱を抱えています。

認知症の人への接し方の基本姿勢は、驚かせない急がせない自尊心を傷つけない です!

 

 

認知症は早期の診断と治療が大切!

早期診断を受けて、症状が軽いうちに、介護保険サービスの利用など今後の生活の備えをすることが出来ます。

(「京都高齢者あんしんサポート企業養成研修」資料より)

認知症は、誰もがなる可能性のある脳の病気です。他人事ではありません。

65歳未満で発症する”若年性認知症“をご存じですか?

働き盛りであることも多く、また老年期の認知症より少ないため、家族内で悩みを抱え込んでしまいがちです。

ご家族の物忘れが気になる方も、ご自身の物忘れが気になる方も、簡単なセルフチェック!

(京都市発行「認知症?『気づいて相談!』チェックシート」)

 

認知症かもしれないと悩んでいる方は、京都府の認知症相談窓口へお電話ください。

《京都府認知症コールセンター》

0120-294-677

 

65歳未満の方の認知症については、

《京都府若年性認知症コールセンター》

0120-134-807

 

それぞれ 月曜日~金曜日 10:00~15:00 受け付けています。

相談員が丁寧に対応します。お気軽にご相談ください。

 

大切なのは早期発見、早期受診です!

 

お知らせカテゴリの最新記事

ページの上へ